はりとおキュウの話


作成日:2016年1月8日
大分類:婦人科の鍼灸治療
小分類:生理痛、腰痛症、便秘症の鍼灸治療
タイトル:京田辺市たわ鍼灸院|生理で起こる腰痛症と便秘症 

◆京都府・京田辺市の“たわ鍼灸院”です。◆
(TEL:0774-65-2040)
www.tawa-shinkyuin.com/

生理痛で起こる腰痛は
生理による
体調の変化で起こります。

生理の時の
生理痛と腰痛は
ホルモンのバランスの変化が
原因の1つとして上げられます。

この時には
子宮へ流れる血液が多くなって
子宮以外の血の流れが
一時的に不十分になることも
原因として考えられています。

また
生理の時には
骨盤が一時的に広がることで
お尻や
下半身に
負担がかかりやすくなります。

このような生理による
色々な身体の変化が
生理痛や
腰痛を
引き起こしていると考えられます。

生理痛と
腰痛を軽くするためには
子宮を中心に
腰部の血行を良くして
全体の
バランスを改善させることです。

鍼灸治療は
血液の流れを
コントロールすることで
体の内側からバランスを整えて
生理痛や
腰痛を改善させます。

また
生理中は
便秘に気を付けることも大切です。

生理による
ホルモンバランスの変化で
大腸の運動が
弱まることで
便秘になりがちになります。

便秘になると
溜まった便などにより
腹部が圧迫されます

腹部が圧迫されることで
血液の流れも悪くなり
血行動態の悪化により
腰痛になります。

このような時にも
鍼灸治療で
腸管の運動を
スムーズにしてやって
生理による便秘を改善させます。

このように
生理中には。

●ホルモンバランスの変調。
●血液循環の異常。
●骨盤の広がり。
など

身体には大きな変化が起こることで
生理痛や
腰痛を感じます。

生理痛や
腰痛を
改善するためには。

体を内側から
確実に刺激ができる
鍼灸治療が効果的です。