はりとおキュウの話


作成日:2016年3月5日
大分類:上肢の鍼灸治療
小分類:胸郭出口症候群、鍼灸治療
タイトル:京田辺市たわ鍼灸院|胸郭出口症候群の鍼灸治療。 

◆京都府・京田辺市の“たわ鍼灸院”です。◆
(TEL:0774-65-2040)
www.tawa-shinkyuin.com/

胸郭出口症候群・・・腕が重だるくて痛い時の鍼灸治療。


首や肩の関節に異常がないのに
腕が重だるいような
痛みを感じる原因の1つに。

胸郭出口症候群があります。

●当鍼灸治療では
殆どの胸郭出口の
患者様に診られる
筋緊張が起こってる所や。
(首や肩だけではありません!)

指で圧迫すると
首の場合は痛みが腕へ
腕や手の場合は首へ
痛みが放散する
所に対して。

必要な時には低周波通電や
セラミック製の
温灸も加えることで。

確実な施術を行います。

また
個人の体質にあった
ツボを選んで。

腕のだるさや
手のしびれ以外の症状(頭痛・倦怠感など)
に対しても施術をして。


身全体を
リフレッシュさせていきます。


●胸郭出口症候群について

胸郭出口症候群は
首のから脇の下までの間で
神経や動脈・静脈が。

 ■腕を上げる動作
 (つり革や洗濯物を干している時)。
  
 ■重いものをよく持っている。
  
 ■なで肩の人が
  肩を押し下げるような姿勢で
  仕事をしている時。 

 ■猫背などの不良姿勢。


などが原因で障害を受けて
痛みやしびれ
だるさを訴える疾患です。


症状は

・肩や腕・背中のしびれやだるさ・痛み。

・手の小指側にきつい痛みやしびれ。

・手が握りにくい。

・細かい動作がしにくい。
 
などの症状が起こる疾患を言います。


起こることは少ないとされていますが。

・動脈が圧迫されると  

  上肢の血行が悪くなって
  指が白っぽくなり
  痛みやしびれを感じます。


・静脈が圧迫されると

  手や腕は青紫色になります。


●予防しましょう

◆腕を上げた時に症状が出る場合。

 重量物を持ち上げるような
 運動や労働など。
 
 原因となっている動作は
 できるだけ避けましょう。

 その他肩を押し下げるような
 リュックサックを
 使用するのも避けましょう。


◆その他、

・長い時間同じ姿勢にならない。

・体操やストレッチをする。

・暖めたタオルや温水シャワーなどで温める。
(ツボにやれば、より効果的です。)

 のようなことも
 胸郭出口症候群の
 予防につながります。