はりとおキュウの話


作成日:2021年2月7日
大分類:体調不良 鍼灸治療
小分類:鍼灸 疲労 つかれ 慢性疲労症候群 鍼灸治療
タイトル:京田辺市たわ鍼灸院|慢性疲労症候群 鍼灸治療 

◆京都府・京田辺市の“たわ鍼灸院”です。◆
(TEL:0774-65-2040)
www.tawa-shinkyuin.com/

その疲れは、慢性疲労症候群。
宜しければ、一度起こしください
 

●慢性疲労症候群(chronic fatigue syndrome: CFS)とは。


健康に生活していた人が

◆原因の特定ができない

◆とてもつらい全身の倦怠を感じはじめ

◆微熱や頭痛、筋肉痛、脱力感、

◆思考力の障害、気分が落ち込む

   
 などの症状などが
 長期にわたって続くために。

 
 健康な日常生活を
 送れなくなる病気です。


《この病気が起こる原因》

最近の研究では。

 遺伝や
 身体的・精神的ストレスが原因で。
 
 神経・内分泌・免疫系の変調を来して
 免疫力を低下させてしまった結果。
 
 潜伏感染していた
 ウイルスの活動が盛んになり。
 
 これを制御するために産生された物質が。
  
 
 脳や神経系の
 機能を障害しているのではないかと
 言われています。

症状は
以下の症状が6カ月以上にわたり
8項目以上、持続または繰り返し生じます。

1. 微熱(腋窩温37.2~38.3℃)ないし悪寒 
2. 咽頭痛 
3. 頚部あるいは腋窩リンパ節の腫張 
4. 原因不明の筋力低下 
5. 筋肉痛ないし不快感 
6. 軽い労作後に24時間以上続く全身倦怠感 
7. 頭痛
8. 腫脹や発赤を伴わない移動性関節痛 
9. 精神神経症状(いずれか1つ以上)
 羞明、一過性暗点、物忘れ、易刺激性
 錯乱、思考力低下、集中力低下、抑うつ
10. 睡眠障害(過眠、不眠)
11. 発症時、主たる症状が数時間から数日の間に発現