はりとおキュウの話


作成日:2016年5月5日
大分類:体調不良の鍼灸治療
小分類:機能性身体症候群
タイトル:京田辺市たわ鍼灸院|体調不良(疲れと倦怠感)。 

◆京都府・京田辺市の“たわ鍼灸院”です。◆
(TEL:0774-65-2040)
www.tawa-shinkyuin.com/

鍼灸、体調不良
機能性身体症候群のお話です。

1999年に
Wesselyよって提唱された。

機能性身体症候群
(functional somatic syndrome; FSS)の概念は。


・明確に持続的に
 身体症状を訴えるにも関わらず。

・身体診察一般的臨床検査
(検体・生理・画像検査)で。

・器質的疾患の存在が確定できない

・一連の疾患群。


と定義されています。

この症候群は
適切な診察や検査を行っても。

器質的な異常によって起こる疾患の存在を
明確に説明できない病態で。


以前から
medically unexplained symptoms
(医学的に説明困難な身体症状:MUS)

として知られていました。


機能性身体症候群の
症状の主なものとしては。


疲労感、頭痛、関節痛

筋肉痛、動悸、めまい
腹痛、下痢などが
挙げられていますし。


過敏性腸症候群(IBS)、過換気症候群

緊張型頭痛、線維筋痛症(FM)

慢性疲労症候群(CFS)、間質性膀胱炎

腰背部痛などが
機能性身体症候群に含まれています。


機能性身体症候群は
上記に挙げた疾患が原因にはなりますが。


それらが互いに合併したり。


症状の移動がみられたり。


同じような病状が見られる特徴があるので。


上記の疾患を
一つの症候群として捉えた方がよいと
近年考えられるようになりました。


その理由としては。

  ・各疾患の診断基準が類似し

   共通する症状が多い。


  ・機能性身体症候群のある疾患は
   機能性身体症候群の
   他の疾患の診断基準を満たす。

 
  ・機能性身体症候群では
   疾患の間に合併が認められる。
   
  
 例えば慢性疲労症候群の60%は
   過敏性腸症候群を合併し。
   
   
線維筋痛症の75%は
   顎関節症を合併している。

 
  ・多彩な精神症状をよく伴う

 
  ・几帳面,徹底性,完全性
 
   強迫性,神経質など
   類似した性格的特性を持つ。

 
  ・抗不安薬,抗うつ薬,抗痙攣薬などの
   薬物治療に反応しやすく。
   
   
カウンセリングや
   認知行動療法など心理療法がよく行われ
   効果が見られる。
  

   になります。