はりとおキュウの話


作成日:2016年6月27日
大分類:肩の鍼灸治療
小分類:肩こりの鍼灸治療
タイトル:京田辺市たわ鍼灸院|鍼灸院での肩こりの診方。 

◆京都府・京田辺市の“たわ鍼灸院”です。◆
(TEL:0774-65-2040)
www.tawa-shinkyuin.com/

鍼灸;肩こり
(タイプ別に分けて鍼灸治療を行います。)

確かに、肩に鍼灸治療をするだけでも
コリが取れる場合も有りますが。

肩コリにならない
体質作りを目的とした

治療が必要です。

鍼灸治療をしても
肩コリが
治らなかったという人は。

単純に
肩だけの治療で
すましていたので。

効果が
不十分だった
可能性が有ります。

肩コリも
しっかりとした診断
治療が必要です。

当院での
肩こりの
治療を行う時に。

参考にしている
症状別の分類です。

①つまる感じがするが
ひきつる感じはない肩こり。

こんなタイプの方
・緊張や精神的ストレス
 嫌なことがあると。

  肩がつまってきて
  重苦しく
  苦痛を感じる。

皮膚表面をつまむと刺すような
痛みを自覚する。

その他の症状としてはイライラ
緊張、憂鬱、ため息がでる。

脇が張って苦しい
目が充血などがあります。

鍼灸治療では
気の流れを良くするツボや
熱を取り冷ますツボを使います。

足と手の親指と人差し指
(第1と第2指)の間の
凹んだ所が治療点になります。


②長期間の不良姿勢や
外傷などが原因で
起こった。

比較的強い
肩コリになります。

コリ感は
肩甲間部を中心に
強く感じ。

安静時や
夜間も痛む。

局所が硬く
肩にミミズのような
血管拡張が
見られることも有ります。

鍼灸治療では
血の流れを
良くさせるツボを使います。


③疲労や虚弱体質
老化、慢性疾患などで。

人体の
生命エネルギーである
気が
不足したために。

人体の
上部にまで通りにくく
なっている時に起こります。

周囲にいつも気を使い
気疲れする人に多い
肩こりです。


この場合
肩コリは
自覚出来ますが。

触ると
柔らかいく。

圧迫すると
とても気持ちがいい
肩こりです。

症状としては
元気がない
疲れやすい、立ちくらみ
などが有ります。

針治療では
元気を補うツボ
(足三里など)
を使います。


④月経、出産、過労
慢性病などによって
血の不足が起こり。

筋肉に潤いや
栄養がいかなくなり
肩コリになります。
  
症状としては
顔色や皮膚に
ツヤがなくなる
筋肉がひきつる
頭がボーっとする
などの症状が診られます。

治療では
血を補うツボを使います。


⑤食事の不摂生や
 雨天で悪化。
 
 肩背部の重だるさ
 肩甲間部の凝り感。

 腫れぽったい
 重だるさを自覚するが
 運動制限はない。
      
 治療では
 気の流れを良くする
 ツボを使います。