はりとおキュウの話


作成日:2016年9月3日
大分類:高齢者(介護予防)の鍼灸院
小分類:鍼灸院の介護予防、筋力低下、足、腰の情報
タイトル:京田辺市たわ鍼灸院|鍼灸院で行う介護予防の情報です。 

◆京都府・京田辺市の“たわ鍼灸院”です。◆
(TEL:0774-65-2040)

弱った足腰には鍼灸です。


●片足で靴下が履けない。
●屋内でツマズイたり、スベッタりする。
●階段を上がるのに手すりが必要。
●横断歩道を青信号で渡りきれない。
●続けて15分歩行ができない。
●重いもの(2㎏程度)を持って家に帰れない。
●家の中で布団の上げ下ろしなどが困難。

一つでも有れば
足腰の弱りが起こっているかも?。

心身一如という
言葉があるように。

心と体は
互いに関わりを
持っており。

前向きな心は
身体も
シャキシャキしていますし
回復力もバツグンです。

“たわ鍼灸院”で行っております
鍼灸は
心と体の両方を
サポートすることで
健康を維持する
治療法です。

松尾芭蕉も
“足の三里”に
灸をすえており。

鍼灸治療は
弱った足腰の筋肉を
リフレッシュさせます。

●多くの方は
“足腰が弱る” から
歩けなくなると
思ってはいませんか?
 
実はそうではなくて
“歩かなくなる”
と足腰が弱るのです。 

運動不足で
足腰の筋力が
低下すると。

血液の流れや
新陳代謝も悪くなり。

内臓機能や
抵抗力も低下します。

足腰が弱ると
チョットした段差でも
足を引っかけて
ケガをしやすくなります。

高齢者の場合は
わずか3cm以下の
段差でも起こると
言われています。

しかも室内での転倒が
大半を占めています。

原因は
つま先を上げる
筋肉の低下や。

バランス間隔が
鈍っていることが原因です。

●足腰を鍛えるには

運動には
色々有りますが。

お年寄りにも
無理なく行える
一番身近なものは。

■体力がつき
■心肺機能を高めて
■血液を健康にして
 
動脈硬化などの
生活習慣病の
予防につながる
ウォーキングです。

下半身の運動は
全身に
血液をめぐらして。

脳や内臓の機能も
活発にします。

●出来るだけ外出して
 歩くことを習慣づけましょう。

外へ出て
新鮮な空気を
吸うだけでも
気持ちが良くなります。

ぶらぶら歩きで
好きな所に行くのも
オススメです。